お風呂掃除

魔窟と化した浴槽内部をピカピカになるまで徹底掃除してみた

bathtub-cleanup-img14

エプロンを開けた浴槽の内部。今まで一度も開けてお掃除されたことのないご家庭では、かなり悲惨な状況が広がっているかもしれません。

前回の記事でも触れましたら、そう言いながら実は僕の自宅もかなりの期間、浴槽内部の掃除を怠っていました。十数年越しです。開けるのが怖いほどの期間ですが、ここは一念発起。

本記事ではそんな禁断の魔窟と化した浴槽内部を、実際にピカピカになるまで綺麗に掃除してみた様子をお見せします。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

浴槽エプロンにこびりついたカビを掃除レポ|外し方動画付き

bath-apron-img14

こんにちは、風呂ログで記事を執筆しております中原です。突然ですが、「浴槽のエプロン」は掃除していますか? エプロンのない、壁や床と一体化している浴槽なら仕方ありません。

しかしエプロンを取り外せるバスタブの場合、長年放置していると中でカビがこびりついている可能性が高いのです、恐ろしや。 お恥ずかしながら、実はそう言う僕の自宅の浴室、ほとんどエプロンを外したことがありませんでした。

もしかすると「エプロン?何それ」という初耳の方もいらっしゃるのでは。 そこで今回は浴槽のエプロンの外し方と、そして外した後に実際にお掃除した様子をご紹介します。外し方については初めての方のために動画でお届け。

この記事を読んで、ぜひエプロン掃除にチャレンジしてみてください。

続きを読む

100均で揃える重曹水の作り方|お風呂の酸性汚れに効果的

完成した重曹水

掃除には重曹が良いという話を聞き、試してみようと思ってはいるものの。洗剤より費用が高くなっちゃっても嫌だし、でも効果が無いのも嫌。安くて〝使える〟重曹水(重曹スプレー)ってどう作ればいいんだろう?

そんな方のために100円ショップで揃う道具で出来る、重曹水の作り方を写真つきで分かりやすくご紹介します。

続きを読む

ゴムパッキン用カビキラー|浴室目地を綺麗にした流れと注意点

ゴムパッキン用カビキラー

昔ながらの在来浴室やちょっと前のユニットバスでは、壁や床にタイルが使われていたりします。タイルは陶器製ですので汚れに強く、耐水性もよいのでキレイさを保ちやすいです。

ですが問題となるのはタイルの目地。目地はカビにやられやすく、放っておくと真っ黒になることも珍しくありません。汚れをなんとかするためにリフォームも検討しようかと迷っている方もいらっしゃいます。

そんな時に試す価値があるのが「ゴムパッキン用カビキラー」。

カビを一瞬で溶かすカビキラーをジェル状にした、まさしくタイル目地やゴムパッキンに使うのに打ってつけの商品です。本記事ではカビに浸食されているタイル目地に「ゴムパッキン用カビキラー」を使ってキレイにした実際の手順をご紹介。カビキラーは強力ではありますが毒性もあるため、本記事を読んでポイントを抑えつつ目地の色を取り戻すヒントを掴んでください。

続きを読む